政策科学学会諸規則

政策科学学会会則

 (英文名称: Association for Policy Sciences)

(名称)
第1条 本会は、政策科学学会と称する。

(目的)
第2条 本会は、政策科学研究の発展及び会員相互間の交流の場を提供することを目的とする。

(事業)
第3条 本会は、前条の目的を達成するために次の事業を行う。

 (1)研究会及び講演会の開催
 (2)研究年報その他刊行物の発行
 (3)国内外の関連諸機関との協力並びに連携
 (4)その他本会の目的を達成するために必要と認められる事業

(会員)
第4条 本会の会員は、本会の目的とする研究を行う者をもって個人会員とする。
2 本会の目的、事業に賛同する法人及び団体をもって特別会員とする。

(入会)
第5条 本会に入会を希望する者は、会員2名の推薦を得た上で所定の申込書をもって理事会に申し込み、承認を得なければならない。
2 本会への入会を希望する特別会員は、理事1名の推薦を得て理事会に申し込み、承認を得なければならない。
3 第1項及び第2項の入会の決定は、理事会において行う。
4 入会を認められた者は、当該年度の会費を納入することによって会員とする。

(会費)
第6条 会員は毎年度初めに会費を納入しなければならない。

 (1)個人会員 10,000円
 (2)特別会員 一口 50,000円

(退会)
第7条 退会を希望する会員は、書面をもって理事会に提出しなければならない。
2 理事会は、会員が会費を滞納した場合には会員を退会させることができる。その退会については別に定める。

(除名)
第8条 会員が本会の名誉を汚す行為をした場合には、理事会は総会の議を経て除名することができる。

(役員)
第9条 本会に次の役員を置く。

 (1)会長   1名
 (2)副会長  3名
 (3)理事   15名以内
 (4)監事   2名
 (5)幹事   若干名

(役員の選任)
第10条 理事は総会において選任する。
2 監事は理事以外の会員の中から、総会において選任する。
3 会長及び副会長は、理事の中から互選する。
4 理事のうち9名以内を常任理事とし、理事の中から互選する。
5 幹事は理事及び監事以外の会員の中から、常任理事会の承認を得て会長が依嘱する。

(役員の任期)
第11条 理事及び監事の任期は3年とし、再任を妨げない。
2 会長の任期は3年とし、再任を妨げない。ただし、連続して3期就任することはできない。
3 前任者が途中退任した場合の後任者の任期は、前任者の残任期間とする。

(役員の職務)
第12条 役員の職務は次のとおりとする。

 (1)会長は、本会を代表し、会務を統括する。
 (2)副会長は、会長を補佐し、会長に事故ある場合には、その職務を代行する。
 (3)常任理事は、常任理事会に参加し、常務を処理する。
 (4)理事は、理事会に参加し、本会の運営について審議する。
 (5)監事は、本会の会計を監査し、その意見を総会に報告しなければならない。
 (6)幹事は、本会の常務につき、会長、副会長及び常任理事を補佐する。

(顧問)
第13条 本会に顧問を置くことができる。
2 顧問は、理事会の推薦により、総会の承認を経て会長が依嘱する。
3 顧問は、理事会に出席して意見を述べることができる。

(会議の種類)
第14条 会議は、総会、理事会及び常任理事会とする。

(総会)
第15条 総会は、通常総会及び臨時総会とする。
2 通常総会は、毎事業年度開催し、臨時総会は必要に応じ、常任理事会の議を経て会長が招集する。
3 理事会が必要と認めた場合、または会員総数の3分の2以上の請求があった場合には、会長は臨時総会を招集しなければならない。
4 総会を開催する場合には、少なくとも開催期日の2週間前までに会員に通知しなければならない。
5 総会の議長は、会長があたる。
6 総会の議決は、出席した会員の過半数の賛成をもってし、賛否同数の場合には議長が決する。
7 総会の議事録には、議長及び出席した理事1名が署名・押印しなければならない。

(会議の議決事項)
第16条 次に掲げる事項は、総会の議決を経なければならない。

 (1)会則の変更
 (2)会費の変更
 (3)年度事業計画及び収支予算
 (4)年度事業報告及び収支決算
 (5)その他理事会において必要と認めた事項

(理事会及び常任理事会の構成)
第17条 理事会は、会長、副会長、常任理事及び理事をもって、常任理事会は、会長、副会長及び常任理事をもって構成し、必要に応じて会長が招集する。
2 理事会及び常任理事会の議長は、会長とする。

(理事会の議決事項)
第18条 次に掲げる事項は、理事会の議決を経なければならない。

 (1)本会の運営上必要な諸規程の制定及び改廃
 (2)会員の入会及び退会
 (3)その他本会の運営上必要な事項

2 理事会は、理事の過半数の出席によって成立し、その議決は出席者の過半数による。

(常任理事会の職務)
第19条 常任理事会は、本会の運営上必要な事項について審議する。
2 常任理事会が理事会から委ねられた事項を決定した場合には、理事会の議決があったものとみなす。

(研究会及び委員会)
第20条 本会は、第3条の規定する事業を行うため、必要に応じて研究会及び委員会を置くことができる。
2 研究会及び委員会の種類、構成並びに運営等必要な事項は、理事会が定める。

(会計)
第21条 本会の経費は、会費、寄付金等をもって支弁する。
2 寄付金は、常任理事会の承認を得て受理する。

(会計年度)
第22条 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年の3月31日に終わる。

(事務局)
第23条 本会の事務局は、理事会の定めるところに置く。

(その他)
第24条 大学院に在学中の者で、個人会員の会費の減免(5,000円)を受けようとする者は、当該年度の在学証明書を提出しなければならない。


 附 則 
1 本会則は、平成21年7月5日より施行する。
2 第10条の規定にかかわらず、当分の間、役員の選任は理事会で行なう。


編集委員会規則

「編集委員会規則」(PDF)をダウンロードする

学会誌編集規約

「学会誌編集規約」(PDF)をダウンロードする

政策科学学会年報投稿規則

「政策科学学会年報投稿規則」(PDF)をダウンロードする

政策科学学会年報執筆要領

「『政策科学学会年報』執筆要領 《研究論文・報告論文》」(PDF)をダウンロードする